バナー

時計ファン.com 【アンティーク時計の情報サイト】

Home 腕時計 ベルトを変えると時計も変わる

ベルトを変えると時計も変わる

アンティーク時計を買ってみたのはいいけれど、ちょっと自分の好みに合わない気がする。そういったことはありませんか?

アンティーク・機械式時計が好きになると、もう1つ・さらにもう1つと、利用目的や場所によって変えてみたくなるもの。でもそれではちょっとお金がかかりすぎてしまう、そんな問題も出てきます。

それらを簡単に、しかも安く解決する方法があります。そしてこれはアンティークの腕時計を買ったときに、一番最初にやってもらいたいことでもあります。

 

それは腕時計のベルトを変えてみること。

実はこれが腕時計を持つ・楽しむ上で非常に大切なことで、ベルトを変えるだけで時計自体の雰囲気もガラっと変わります。

せっかく良い時計を持ったのなら、タンス・引き出しに眠らせておくのはもったいないもの。まずはだまされたと思って、百貨店などベルトの品揃えが豊富な時計店に行ってみましょう。

お店に行く時は、必ず時計も忘れないように一緒に持って行ってください。実際にベルトだけを見るのと、時計に合わせてみるのでは、見た目や感じもまったく違ってきます。

また時計とベルトを合わせたら、自分の腕にも合わせてみて、自分に合っているか・良く着る服の色に合っているかなども見てみましょう。(腕につけるとまた違って見えるものです。)

アンティーク時計を手に入れたら、まずはベルト選びからはじめましょう。

 

 


■ ベルトによる見え方・感じ方の違い
アンティーク時計を手にすると、どうしてもアンティークっぽい・クロコダイル・本革等、「高級・アンティーク」という時計のイメージにとらわれがち・ベルトもそういったイメージのものを選びがちです。

でも実はアンティーク時計は、意外と新しいデザインのベルトも合います。

昨今、古いアンティーク時計が各時計メーカーから復刻版としてされて販売されているぐらいですから、昔のデザインだからといって今のベルトが合わないということはありません。

 

以下にいくつかランダムにベルトを付け替えた写真を載せてみました。ベルトのデザインがおとなしめなのでわかりづらいかもしれませんが、実際に手にとって・見てみるとまるで別の時計のように見えます。

アンティーク時計をこれから買う方は、買ったらすぐにベルト探しからはじめてください。すでに時計をお持ちの方なら、もう一度お持ちの時計の良さを見直すチャンスです。

 

 

 

次のトピックへ

ベルトのケア




▲ページトップに戻る
 

イメージ/日本アンティーク時計協会

 スポンサー広告

 買えるアンティーク

グリュエンの熟成腕時計 【1930年頃】
時計の作りや色合い・雰囲気の特別な・・・[商品を見る]


アンティーク時計の勧め

アンティーク時計には、今のデジタル時計に無いオリジナルなデザインや遊び心がたくさん。カチカチと動くノスタルジックな世界を楽しんでみませんか?

当サイトは

このサイトは、オーストラリアや海外の時計店・時計技術者・コレクターからの情報と協力を元にオーストラリアから発信されています。

当サイトへのリンクは

当サイトへのリンクはフリーですが、トップページにリンクを張ってください。